カナガンキャットフードの成分をチェックしよう!

口コミや評判が良いカナガンですが、その成分はどうなっているのでしょうか?
ここではカナガンキャットフードの成分をチェックし、どのような子におすすめなのか見ていきましょう!

 

カナガンキャットフードの成分は?

カナガンキャットフードを手に持っている 

 

粗タンパク質 :37.00%
脂質 :20.00%
粗灰分:8.50%
粗繊維:1.50%
水分 :7.00%
オメガ6脂肪酸:2.99%
オメガ3脂肪酸0.82%
リン :1.40%
マグネシウム:0.09%
ナトリウム:0.36%
カルシウム:1.58%
カリウム:0.64%

 

豊富なタンパク質

成分を見ると、まず初めに目につくのが、タンパク質量です。
一般的なフードでは、穀物が多く含まれているものが多く、成分を見ても「炭水化物」が一番始めに記載されているのをよく見ます。

 

マグネシウムが抑えられている

マグネシウムが抑えられているので、尿結石予防にも良いですね。
カナガンキャットフードのマグネシウムとカルシウムのバランスはどう?

 

健康維持に大切なオメガ脂肪酸

また私達人間の間でも健康維持に大切な、オメガ脂肪酸も含まているので、健康を維持したい猫ちゃんに食べて貰いたいですね。

 

繊維質は少ない

カナガンキャットフードはグレインフリーなので、穀物が含まれていません。なので、繊維質は野菜に含まれているものだけとなります。メリットもありますが、デメリットもあります。

 

毛玉を上手く吐けない子は、適量の繊維質を摂取することで、うんちと一緒に毛玉を排出してくれます。
なので、毛玉ケアをしたい子にはカナガンは向かないかもしれませんね。

 

脂質が多め

カナガンキャットフードは脂質が多めになっています。
脂質ではありますが、良質な原材料から摂る良質な脂質となっているので安心して良いかと思います。

 

ただ、個体によっては脂質量がカラダに合わない子もいますので、こればっかりは試してみる以外ないかもいれません。

 

 

まとめ

カナガンキャットフードはおすすめのフードではありますが、全ての子に合うか?と言われれば「NO」でしょう。
どんなフードでも言えることかもしれませんが、カラダに合う合わないは必ずありますので、まずは与えてみて様子を見てあげるといいかもしれませんね♪

 

 

関連記事

トップページ
カナガンキャットフードを格安で購入するなら楽天?公式サイト?