カナガンキャットフードがシニア猫にもおすすめな2つのワケ

カナガンキャットフード,原材料

 

カナガンキャットフードは、全ライフステージ・全猫種に必要な栄養バランスを揃えているので、シニア用・子猫用と別れていません。

 

そんな中でも今回は「カナガンキャットフードがシニア猫にも最適な2つのワケを見ていきましょう♪

 

カナガンキャットフードがシニア猫(高齢猫)にも最適な2つのワケ

 

良質な動物性タンパク質

 

シニア猫に限らないことではありますが、まず大前提に「猫は肉食」です。
なので、シニア猫や子猫に限らず大事なのは良質な動物性タンパク質を摂取すること。
【高タンパク質・低炭水化物・低脂肪】のフードを与えてあげましょう。

 

カナガンは猫の負担となる穀物を使用しておらず、イギリス産の平飼いチキンを60%も主原料として使用しています。

 

サーモンオイルでオメガ3系脂肪酸を摂取

 

高齢になるにつれて脂肪分の少ない食事バランスは大切ですが、そんな中でも良質な脂質を摂ることは必要です。
カナガンキャットフードにはサーモンオイルが含まれておりEPA・DHAなどのオメガ3系脂肪酸を摂取することにより、脳機能の健康保持、視力の健康保持、綺麗でつややかな被毛に配慮されています。

 

 

関連記事

カナガンキャットフードがアレルギーのネコちゃんに最適な2つのワケ
カナガンキャットフードを実際に購入したメリット・デメリットって?