カナガンキャットフードは尿管結石の予防食としてはどうなのか?

 

 

猫がかかりやすい病気の中でも尿管結石は上位に入ります。
尿結石にはストラバイト結石とショウ酸カルシウム結石の二つが代表的です。
尿管結石は尿中のph値が崩れることで結石が出来やすくなりますが、ph値が崩れる原因は食事内容やストレス、水分補給不足など様々です。

 

ここでは、カナガンキャットフードは尿管結石予防の餌となる2つのワケを見ていきましょう!

 

高タンパク質低炭水化物で肥満防止

 

尿結石の原因として、水分補給不足による濃度の濃いおしっこをすることも多きな要因です。
猫はもともと濃いおしっこをする動物ですが、太っている猫は動くのがおっくうになり、「水分補給しない+おしっこの回数が減る+濃いおしっこが溜まる」と悪循環に陥りやすいです。
なので、毎日の食事は高タンパク質・低炭水化物のものを与え肥満防止しましょう。

 

肉食動物である猫の満腹中枢は、炭水化物ではなく、蛋白質や脂質に刺激されます。
ですからチキンが60%のカナガンキャットフードは満腹感を感じやすくなるので肥満防止のダイエットにもgoodです。

 

 

クランベリー配合

 

クランベリーは尿中の水素イオン数値を下げ、健康的な尿路を維持できます。

 

 

 

 

 

尿路疾患は様々なことが原因で起こる病気です。食事、生活環境に気をつけ飼い主である私たちが生活スタイルを整えてあげましょう☆

 

関連記事

カナガンキャットフードを実際に購入してみた感想
カナガンキャットフードがアレルギーのネコちゃんに最適な2つのワケ